2012年07月29日

遊びに来たのよっ!

本格的な夏がやってきた。
日中の気温は38度だの39度だの、
体温も緯度もはるかに超える。
大変な暑さである。

そこで、涼しい山の上に行って来た。
よい天気だったのに、お昼どきの気温が23度である。
えらいぞ、山。

cha.jpg

冬はスキー場になる広い斜面が、一面芝生のようだ。
日曜日なので、子ども連れも多い。

そんな中で、目の前を歩いていたのが、パパとママと女の子。
女の子は、ちょっとご機嫌斜めなのか、
草で足がちくちくするだの、
鹿のフンがくさいだの言って、
なかなか歩こうとしない。

もう4歳なんだからちゃんと歩こうね、
なんて言っていたママが、
つい声を荒らげてしまった。

文句ばっかり言ってんじゃないの!
遊びに来たんでしょ!
せっかく来たのに文句ばっかじゃ楽しくないでしょっ!
ねえ、もっと楽しまなくちゃだめじゃない!
そうでしょ!ねえ。

女の子はうつむいて、泣くのを我慢している。

不条理だ。


posted by こもだ at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

コンビニ浅田飴

昨晩だったか、今朝のことだったか、
夢かうつつか定かではないまどろみの中で、
コンビニ浅田飴、という言葉を思いついた。
忘れてしまうのはあまりに惜しい、
ああ、これは覚えておかなくては、と思った。
朦朧とした意識の中では、
それほど重要な思いつきだったのである。

あんなにも
覚えておかなくてはと強く執着した言葉である。
気になって、さっきその意味を考えてみた。
そしたら。なんと。
ちゃんと思い出せたのだ。

言葉そのものだけでなく、
その言葉に執着した理由までも思い出せることは、
大変まれである。
この一事だけで、どれだけこれが、
重要な発見だったか分かるだろう。

toki-boroya.jpg

さてそれでは、この言葉「コンビニ浅田飴」に、
いったいどういう「意味」が込められていたのか。

知りたいですか。
それはね。

「トンビに油揚げ」に似てる。

…です。
こんなことのために
眠気をこらえて白目をむいていたのかと思うと、
あまりに不憫です。
がんばったなー、おれ。
posted by こもだ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

ひねったつもりで、ふつう

先日の、
「国民一番電話は二番三時のおやつは文明党」
というネーミングは、われながらよい出来だと思っておった。

しかし。
グーグルで調べてみたら、出てくる出てくる。
同じことを考えた連中の、まあ多いこと。
自分の平凡さに、ちーとがっかりしました。

himejion.jpg

ずっと以前に「ほぼ日」のアンケートで
「自分が女々しいと思う瞬間は?」というのがあってさ。

それに、
「トイレで座って用をたすとき」
なんて答えて、
気のきいた回答をしたつもりでいたの。

そしたら、
それがぶっちぎりで「最も多い回答」だった。

こういうのは、かなり恥ずかしい。


posted by こもだ at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

新政党の旗揚げに寄せて

小沢先生のために、新党名を考えてみた。

「自由で民主的な日本のみんなで国民の生活の改革を進めるきづなを大切にする大地のためにたちあがる日本人に公明正大な減税を第一に幸福な社会を共に実現する新しい維新の党」

jizo.jpg

略称「国民一番電話は二番三時のおやつは文明党」
さらに略称「おやつ党」

使ってくださいねっ。
posted by こもだ at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

分かったような分からんような

人の気持ちを考えなさい。
でも、相手の顔色をうかがうのはみっともないぞ。

まわりと協調して行くのが肝心だ。
とはいえ、自分の意見を持たず付和雷同ばかりというのは、
ちょっと困る。

社会人として、常識を守るのは最低限のルールだからな。
もちろん、常識にとらわれない自在な発想も必要だ。

がんばって。
あんまり無理するなよ。

kinoshita.jpg

この手の話はさらっと聞くと、何でもないが。
まじめに受け取ると訳が分からん。
つまり、どうすればいいの?

ばかだなあ。
そのときの状況に応じて、判断すればいいじゃないか。
ただし、日和見は駄目だぜ。
自分というものをしっかり持ってな。
posted by こもだ at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

Hard to swallow

上野のパンダが子を産んだ、という報道があった。
東京都知事は、そんなものには興味はない、と言い捨てた。
どうせなら尖閣諸島から名を取って、
センセン、カクカクと名付けよとまで言った。
自分の影響力を知ってか知らずか、
思ったことをそのまま口にでき、
なお人気に翳りが見えない権力者は、今日では希有だろう。

さて都知事ひとりは言いたい放題だが、
世間にはどこか、パンダの悪口を言ってはいけない雰囲気がある。
パンダなんていらねえや、とか、
別にかわいくないじゃん、とか、
目の周りの黒い部分がつり目だったら悪相だよな、とか、
そういうことは言ってはいけないようである。
ましてや、赤ちゃんだからね。

鳥の世界で、パンダ並み、とはいかないまでも、
特別目をかけてもらっているのは、
おトキ様を別格とすると、まずはツバメではないか。
一心にエサをねだるヒナの姿は、
まあ可愛らしい、と目を細めて見るのが正しい作法である。
うじゃうじゃしていて気持ち悪いなんて言ったりしてはいけない。
ましてツバメの巣を、けっじゃまなんだよ、なんて
衆人の前でたたき落しでもしようものなら、
まず、無事では済むまい。

nest.jpg

ここに、ツバメの巣がある。
写ってはいないが、ほかにも二つある。
停まっているおっさん仕様のスクーターは、ぼくの愛車である。
ツバメのトイレではない。
ぼくの愛車である。

ツバメのトイレではない。
ツバメのトイレではない!
ツバメのトイレではない !!


posted by こもだ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

通信スピードふたたび

光ファイバー。
プロバイダの広告では最大100Mbpsなんて言っている、
ま、いわゆる高速通信ってやつです。
ふふん。

先ほど通信スピード計測サイトで計ってみたです。
念のため、5回計測しました。
その結果、なんと。

0.077Mbps〜0.171Mbps

という凄まじいスピードでした。

算数の苦手なあなた、お分かりでしょうか。
100Mbpsに対し、0.077Mbp。
最大値に対し、0.077パーセントのスピードということは、ですね。

kama.jpg

算数の苦手なあなたにも分かりやすくたとえると、
時速250kmの新幹線だと思って乗り込んだら、
時速19.25メートルしか出なかった、ということです。

東京名古屋間を350kmとすると、一時間半のところを、
18182時間=758日もかかってしまうというスピードです。

東京を発ち一眠りしてそろそろ名古屋に到着するかな、
と思ったころ、わたしの新幹線は、
やっと27メートル進んでしか進んでいない。
ホームの端までも行っていない。

お分かりでしょうか。

同じ料金を払ってこんなことであるならば、
いったい誰が黙っていられましょうか。

そうです。わたしは、ちょっと怒っているのです。
ぷんぷんぷん。

おい、こら。
おれの前で、ゆーちゅーぶとか言ってんじゃねーよ。
posted by こもだ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

もやもやした話

7月になると、
レバ刺しが飲食店では食べられなくなるそうである。
そのため、最後のレバ刺しを求めて客が殺到しているという。

厚生労働省がレバ刺しを禁止した理由は、
食中毒の危険があるからである。
で、客が殺到するのは、
7月になると食べることができなくなるからである。
うん、そりゃあ、どちらもまあ、分からなくもないけどさ。

mentos.jpg

ついで厚生労働省は、
食べ過ぎの危険があるとして、
コンビニのおにぎりの販売をひとり3個に制限するとともに、
魚の刺身等を販売する店舗に対し販売後12時間以内に
顧客宅を訪問し食べ残りを回収することを義務づけ、
さらに飲食店でかき氷を提供する際には、店内の温度を
28度以上に保ち、かつ腹巻きを貸与し着用を促すことを
義務づける意向である。
という冗談はさておいて。

かつての狂牛病騒ぎのときと同じなんだけど、
危険だから禁止するって言われているのに、
禁止されるその日までは食べても安全だって
考える神経が、どうも分からない。

これはちょうど、
道路を渡るときの安全確認を、
自分の目でなく信号に任せてしまっている態度と同じだ。
クルマが来ているかどうかではなく、
赤なら止まるし、青なら渡る。
命に関わる判断を、そこにいない人に任せて平気なんだよね。

自分で判断できない国民だから行政が口を出すのか、
行政が口を出すから自分で判断できない国民が育つのか。
どっちにしても、なんかすっきりしないなあ。
posted by こもだ at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

少数意見を尊重せよ

小学生の時分だったか、
「少数意見の尊重」ということばを教えてもらった。
ちーとも意味が分からなかった。

まず、多数決の原理というのを習った。
民主主義では、多数の意見に従ってものごとを決定するのだ、と。
なるほど、民主的な手続きでは、
少数意見は常に却下され、採用されることはない、と。

普通に受け取れば、こういう理解になるじゃないですか。
ところが、先生は、少数意見は尊重しなければならないという。

koke.jpg

発言の数は賛成者の多さを保証しないから、
何が少数意見であるかは、採決してみないと分からない。
で、決定したことには、全員が従うのがルールだから、
採決のあとでの反対意見は、もちろん許されない。

えっと、だったら、少数意見の尊重って、
いつ、どのようにするのでしょうか。
いまだにわかりましぇん。
posted by こもだ at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

格好いい話

カッコいいというのは、不思議である。
世の中でカッコいいとされているものでも、
流行に不案内なおじさんにとっては、
何がカッコいいのか理解できないことが多い。

この人は美人である、なんてことだったら、
教えられなくても見れば分かる。

美しいとかカッコいいというのは、
本来そういうものであるはずなのに、
現実のカッコいいはそうではない。

そうではないのに、ちゃんとカッコいいものとして、
認知されているから不思議である。
たとえば、きちゃないジーンズをずり下げて穿く、
なんていうのがその例だ。
店でもらえるカタログを見てもそういう穿き方をしているから、
どうやら本当に、これがカッコいいらしい。
うーん。

ga-ga.jpg
【がががががっ、カッコいいだろっ】


おそらく格好良さには、二種類あるんだろう。
ひとつは誰もが認める格好良さであり、
もうひとつは仲間内だけに通用する格好良さである。
後者の格好良さというのは、本当にカッコいい必要はない。
ただ、それを良しとするこっち側と、
その良さが分からないあっち側とを区別する機能を
果たせばよいのである。

とすれば、ここでは、
ちゃんとサイズを合わせたジーンズのように、
誰が見ても格好良いようなものは
内と外とを峻別する機能を果たせないから、
あまり歓迎されない、ということになる。

ふむふむ。なーるほど。
刺青みたいなもん、か。

ところで「カッコいい」は
関東では(E)、関西では(A)と表記されるという話、
ほんとうでしょうか。
posted by こもだ at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

あじさいばっか

ここのところ、紫陽花の写真ばかりを撮っている。
紫陽花はとくに好きな花というわけではないけれど、
写真に撮るのは面白い。
自分の狙いとはかけ離れた、
ちょっと意外な写り方をすることが多いのだ。

2012-06-25ajisai2.jpg

ものすごく上手な人はどうだか分からないが、ぼくのレベルだと、
きれいなものを見て、その美しさを残しておこうと思って撮っても、
まったく実物の素晴らしさを保存することはできない。
人間の目と脳が捉える絵の素晴らしさは、
とてもカメラの及ぶところではないといつも思う。

その代わり、何でもないものを、取りあえず撮ってみると、
それが案外面白い写真になったりする。
写真という名前に反して、
実際に目に見えている印象をそのまま撮ることはできない一方で、
肉眼では見えなかったものが、撮ることによって出現するのである。

こんな風に撮れた写真にあらわれているものが、
果たして紫陽花の美しさと言えるのかどうかは知らない。
しかし、隠された美しさや造形の見事さを見つけ出すのに、
デジカメくらい面白くてお手軽な物もないな、と思う。
posted by こもだ at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

素朴な疑問

パリのエッフェル塔は、建設当初から
根強い反対運動にさらされていた。
モーパッサンがこの塔を醜悪だとして
嫌っていたことは有名な話である。
京都タワーは、京都の景観を台無しにしていると、
いまだに名指しで非難されることが多い。
最近では、石原都知事が「東京タワーは嫌い」と発言した。
愛知県にも瀬戸デジタルタワーという
高さ245mにもおよぶ立派な塔が出来たが、
こちらは話題にすらなっていない。

そんな中、東京スカイツリーは、最初から、
めちゃくちゃヒイキされている。
破格の扱いと言ってよい。

どうして?
そんなにかっこいいか?
あれを見ると、どうもアジアの新興国とか、
中東の産油国あたりを思い出してしまうのだが、
そんな気がしちゃいけないくらい、ヒイキされているよね。


【そびえ立つエッフェル塔。全高0.098m】
tower.jpg

どうしてスカイツリーは最初から「いいもん」なんだろう。
「いいもん」と「わるもん」の区別は、
誰がどうやって決めているのだろう。

もしかして、マスコミがこぞって、

落下物があったら死傷者が出ることは確実だ
電磁波の安全性は十分に確認されたとは言えない
都市部に建設する必要があるのか
長期的な経済効果には疑問を呈さざるを得ない
巨大建造物はすでに時代遅れだ
官民癒着の巨大な象徴である

なんてことを書き立てていたら、
スカイツリーは原発並みの「わるもん」になっていた
のではあるまいか。
posted by こもだ at 00:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

読めるとたのしい

もしここで、
日本語の読み方を勉強するといいですよ、
なんて言おうものなら、
馬鹿にするな、と叱られるのが落ちだろう。
今これを読んでくださっているみなさんだって、
そうね、読めない人はいるけれど、
それは私のことではないわ、
と思っていらっしゃるのではないかしらん。

ぼくは無謀にも、
自分の力量をずうっと超えた本を読もうとして来たから、
自分の読めなさについては相当に自覚的である。
そして難しい本ばかりではなく、
やさしく見える文章でも実はちーとも読めていなかったな、
と反省することは今でも多い。

2012-06-25ajisai01.jpg

今日はたまたま池田晶子さんの文章を読んでいて、
またそんな気分になった。

この人の文章とはどこか波長が合わないのか、
ふつうに読むと、ふしぎなくらい頭に入って来ない。
論理というより連想によって導かれたバラバラの文が、
明滅する詩のように、
独り言のように投げ出されている感じがする。
ひとつひとつの文は易しいけど、
全体としてのつながりがどうも頭に残らないのだ。

2012-06-25ajisai3.jpg

そこで、今日は、勉強モードで読んでみた。
リズムに任せてがんがん読んじゃうのではなく、
切れ切れに見える意味のつながりを、
積極的に見つけていこうとしてみたわけだ。

そうしたら、あーら不思議。
あんなに分かりにくかった文章が、
たいへん筋の通った、誤解の余地のない、
明晰なことを言っているように見えるではありませんか。
言い回しについての、生理的な好悪は残るものの、
こいつはもしかしたら、お付き合いできるかもしれない、
と少し嬉しくなった。

というわけで、ちゃんと読もうという意識と、
ちゃんと読むための方法をもって読むと、
面白い本はまだまだいっぱいあるんだなあ、と思いました。

本の価値は読み方で決まる。
平凡ですが、本日の教訓でした。
おしまい。
posted by こもだ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

本日の雑感

あの。勘違いかもしれなんですけどね。

ここんところ、いろいろなところで、だんだん
物事の決められ方が単純になってきているような気がするんですよ。
話し合って複雑な物事を何とかして行くってことが
軽んじられているんじゃないか。
押し切る/押し切られるという関係を、
話し合いと称しているんじゃないか、とか。
とくに政治に関する報道を見ていると、そういう気がして
なりません。

korankei-ajisai.jpg

甲と乙が両立し難いとき、第三の可能性を模索するのではなく、
はやく白黒はっきりさせた方がいい、
だったら力ずくで相手をやり込めちゃうのが一番いい。
もしそんな考えがはびこっているとしたら、
それはまあ、なんと殺伐とした、危うい世界でしょう。

議論に勝つということは、
自分が最初から手にしていた考えを、
結局そのまま、もう一度手にするということにすぎません。
つまり、勝つことを目的にする議論では、
議論をしても、何も新しいものは生まれない。
こういう不毛な経験を続けると、ますます言葉のやりとりが、
無力なもの/不要なものに思えてしまうことでしょう。

ま、物事は常に、正邪ではなく力関係で決まるのだ、
なんて言われれば、そりゃそうなんですけどね。
posted by こもだ at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

晩ご飯は抜きだからねっ

思い立って、自分の適正摂取カロリーというのを調べてみた。
体重は60キロくらいにしとけ、と。ふむふむ。
で、カロリーは1日あたり1500kcalくらいにしろ、と。
ほお、座り仕事なら、1200kcalくらいでもいいってか。

R0011375.jpg

はいっ、先生。ひつもんですっ。

ココイチでカツカレーでも食べようものなら、
それだけで1100kcalあるんですが。
朝食をしっかり摂った日に外食をしたら、
その日の晩ゴハンは食べちゃダメってことなんでしょうか。

かの宮沢賢治は、
「一日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ」ていたんですよね。
つまり、ご飯だけで2000kcal以上摂取していたんですよね。
なんか、うらやましいなあ。

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ、です。
posted by こもだ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。